あられ・おかきの専門店 十火 JUKKA
表参道の野路裏で、白と黒のシンプルな外観がひときわ目立つ上品なお店を発見。「新しいギャラリーができたのかな?」と思ったら、何とあられ・おかきの専門店「十火 JUKKA」でした。
f0219141_9253011.jpg
         お店に入ると、おかきを中心とした和菓子がズラリ。ギャラリーみたいです。
f0219141_9242792.jpg
                       パッケージもシンプル!

f0219141_9454372.jpg十火 JUKKAは、もともと大阪・阿波座にあるあられ・おかき専門店「とよす」が運営しています。明治35 年創業で100年以上も伝統を残してきた「とよす」が、ものづくりへのこだわり素材へのこだわり食のスタイルへのこだわりという心を形にした新ブランドだそうです。米菓子を通じて、新たな米文化を発信したいという想いから、厳選した山海の素材を使われています。店内では、試食もできるんですよー。是非、この食感と味を体験してみてくださいねー。
f0219141_9233052.jpg
            試食していいものか躊躇してしまうほど、キレイに並んだおかきたち。
f0219141_9491849.jpg
                一番の人気商品「丸(maro)」シリーズ(1箱630円) 
f0219141_9494093.jpg
                和三盆と苺味がありますよー。抹茶に合いそう!
f0219141_1031764.jpg
     こちらは、スティック状の「恵(megumi)」(1箱630円)。白ゴマ、海老味もあります!
f0219141_1041974.jpg
         会計レジ近くには、ショップカードがありました。四角形のデザインも可愛い!
f0219141_10272426.jpg
               米菓子屋とは思えないモダンな内装ですよねー。

f0219141_9504420.jpgいくつか試食をしてみたんですけど、やっぱり美味しいんですよー。味も食感も新鮮で、米はもちろん塩や素材にもこだわっているのが伝わってきましたー。お客さんの層としては、近所にお住まいの奥様方、青山に来るカップル、そして、お土産を買っていかれる女性客も多いそうです。この日もカップル、夫婦などがたくさんお店に来ては、ショップの内装に感動しながら商品を買っていきました。100年以上の伝統を守りながらも、時代に合わせて思い切った改革に踏み切る、その「覚悟と勇気」に感動しました。こちらは旗艦店ということで、今後は色々な店舗への出店が楽しみですねー。新ブランドづくりはもちろん、東京にも進出されたということで、もっと大きなビジョンをお持ちなんでしょうね。今後の展開が楽しみです!

〔ショップ情報〕
十火 JUKKA
東京都港区南青山5-9-8
TEL/FAX:03-3498-0188
営業時間:平日・土曜10:00~20:00, 日曜・祝日10:00~18:00
詳しくは、お店HP(http://jukka.toyosu.co.jp/)をご覧ください。
[PR]
by TOKYO_YUCa | 2010-05-16 20:53 | - 表参道・青山


<< 「日本の美」が残る 港区立檜町公園 店頭でアツアツふんわりのソーダ... >>