いよいよ、明治神宮本殿に到着
南参道から大鳥居をくぐり抜け、もうすぐ本殿というところで、気になる小屋がありました。
f0219141_9381949.jpg
 

f0219141_927874.jpg神社や寺に必ずある手水舎(ちょうずや・てみずや)でした。天井には、「手水の作法」が書かれた看板を発見。「手水は参拝の前の清めです。まずは心を静めて」とまで書いてあり、これをきっかけに正しい作法を身に付けたいなぁと思い、さっそく実行。

「柄杓(ひしゃく)に水を多めに汲み、左手と右手に水をかけ、次に、柄杓に残った水を、丸めた手のひらに受けて口をすすぎます。最後に、柄杓を元の位置に戻します。(※柄杓に、直接口をつけないように注意。)」

無事終了!(ほっ。)手水って、日本独特の何とも奥ゆかしい習慣ですよね。この後、他の参拝者も手水舎に立ち寄っては、忘れずに手水をしていたのが印象的でしたー。
f0219141_9274432.jpg
      石材の水盤、竹でできた柄杓。ちょろちょろと流れる水の音に癒されます。
f0219141_9285552.jpg
               手水を終えると、いざ本殿へ!何だか空気感が違います。
f0219141_930779.jpg
                       別の角度からもパチリ!
f0219141_9322322.jpg
           「流れ造」の建築様式は、昭和33に再建されたそうです。かっこいい♪

明治神宮を訪れたのが週末の早朝だったこともあって、参拝者も少なく、じっくりと本殿周囲を歩きまわることができましたー。これまで気づかなかったこと、出会わなかったこともありましたよー。
[PR]
# by TOKYO_YUCa | 2010-04-28 08:32 | - 渋谷
神聖で静寂なスポット 明治神宮
f0219141_17145085.jpg「東京の遊び方」記念第1号は、私が大好きな場所からスタートします!

東京に戻ってから、ソワソワするほど訪れたいと思っていた場所、それが渋谷区代々木にある明治神宮でした!渋谷区代々木といえば、周辺にはJR原宿駅や竹下通りがあり、いつも人通りが多く混雑しているエリアです。

流行が生まれては消え、そして、消えては生まれるというビジネスの激戦区。ちょうど去年まで駅前にあった某キャラクターグッズのショップが、外資アパレルのショップに変わっていたのには本当に驚きました。そんな弱肉強食でスピード勝負のビジネス界を静かに見つめているのが、明治神宮。ここだけは、いつも変わらないので、訪れるたびに「ほっ」と安心します。
f0219141_17101033.jpg
南参道から本殿までの砂利道を歩いていると、だんだん落ち着いてきます。自分自身を見つめる余裕まで出てくるので不思議ですねー。
f0219141_17111882.jpg
「ここは本当に東京なの?」と思ってしまう御苑。ここは江戸初期以来、大名加藤家、井伊家の下屋敷の庭園だったそうです。
f0219141_1712927.jpg
 歩いていると、数々の日 本酒の樽を発見!ん~、何だか利き酒がしてみたくなってきますねー。
f0219141_171250100.jpg
   「おっ」と。突然、大鳥居が登場。檜造りの明神鳥居としては「日本一」だそうですよ。
f0219141_1714980.jpg
       奥のほうに本殿が見えてきました。あともうちょっとだけ、歩きますよー。

明治神宮ではたくさんの写真を撮りました。とても日本的で、大好きな場所でもあるので、一回だけでまとめず小出しにしていこうと思ってます。
[PR]
# by TOKYO_YUCa | 2010-04-27 15:40 | - 渋谷
作者について
こんにちは。「東京の遊び方」の作者YUCaです。
今回は、作者である私自身についてご紹介させていただきます♪

大学卒業後は、東京にある出版社とマーケティング会社で営業やPR&マーケティングの仕事をしてました。そのあと留学をして、カナダ・トロントでビジネスを学び、そして、アメリカ・ニューヨークでは日系のメディア会社で営業とマーケティングの仕事を経験。
2010年4月に北米から帰国し、活動の拠点を東京に移しました~。

海外で長期で生活して感じたのは、「東京には目に見えない魅力がいっぱい♪」だということ。

「東京の遊び方」では、東京の目に見えない魅力にフォーカスをしてお伝えしていきたいと思っています。どうぞ宜しくお願いします。
[PR]
# by TOKYO_YUCa | 2010-04-19 17:19 | ブログ&作者について