カテゴリ:-(番外編)( 3 )
鎌倉にある染め物専門店「拭う-nugoo-」
銭洗弁財天を参拝してから、鎌倉をプラプラ散歩していると、和風な外観が印象的なお店を見つけました。テラス席もあり、「カフェ?」と思いながら入ってみると・・・
f0219141_10343925.jpg
木材たっぷりのエクステリアがショップの目印です。
f0219141_10353148.jpg
店内には、沢山の染物。カラフルです♪

f0219141_10362263.jpg本染めの手拭い専門店「拭う nugoo」でした。注ぎ染めという伝統的な型染めの技法を用いて、職人の方たちが一枚一枚、丹念に作った手拭いがたくさん並んでいました。注ぎ染めは染める日の天候、気温、湿度などによって発色が微妙に異なることから全く同じ色調で仕上げるのは難しいそうですよ。日本の気候を配慮しながら、大事に受け継がれてきたんですね。

手拭いは、端が切りっぱなしになっているという特徴があります。これは、1.縫い目を作らない分だけ乾きが早い、2.ホコリがたまらない、3.端の折り返しが汚れないという理由があるとか。他にも、用途や好みによって好きな長さで切り売りされた背景もあって、裂いて包帯や紐代り、履物の修理やモノを包んだりと、実用的にも使われていたそうです。(手拭いって、す、すごい。)
f0219141_10365729.jpg
一つ一つが個性的!じっくりみると面白いですよー。
f0219141_10363786.jpg
キャラクターと手拭いのコラボ。何だか、新鮮!

f0219141_10372941.jpg手拭いが日本人の生活に浸透し始めたのは鎌倉時代あたりから。江戸時代に入ると国内でも綿花が栽培されはじめ、綿織物として全国各地に普及していき、その頃から手拭いは浴衣などと同様、粋なファッション小道具として生活に深く溶け込んでいったそうです。印象的だったのが、江戸の下町などは、砂ぼこりが多かったので、帽子やスカーフとして、人々は柄に変化をもたせながらおしゃれを競ったそうですよー。そして、江戸時代中ごろ以降は、歌舞伎の発展とともに家紋や独自の紋様をデザインした手拭いが流行。このころから屋号を入れて宣伝用としたり、年末年始の配りものとしての用途が広まったそうです。
f0219141_10371790.jpg
お茶が入った巾着袋など、横展開した商品もあります。
f0219141_21504976.jpg
ディズニーとのコラボ。版権もしっかり取られたそうですよー。
f0219141_2150584.jpg
「Happy Birthday!」の手拭いは伝統とモダンの融合。気になりますねぇ。

♪ 今では、モダンなデザインも積極的にとりいれられているそうです。確かに、ビール柄や「Happy Birthday!」とケーキ柄が描かれた手拭いやアニメキャラクターの手拭いもあって、ビックリしました。そして同時に、ブログ「ニューヨークの遊び方」で紹介されていたニューヨークで見かけるユニクロのマーケティング事例まとめが思い浮かびました。日本のポップカルチャーを活用したTシャツ(UT)販売を展開することで、H&MやGapなどの世界規模のアパレル企業とうまく差別化をしていますよね。ミッフィーやディズニーは海外のアニメですけど、ちびまる子ちゃんやドラえもん、ハローキティ、そして豆しばなどのコンテンツは、まさに「日本製(made in Japan)」ですよね。日本製のコンテンツと日本の伝統工芸がコラボすることで強いブランドが出来上がり、今後「JAPANブランド」として世界に出て行くんだという可能性を感じました。ブランド名も「拭う -nugoo-」ということで、日本語と英語表記があるのも偶然ではない?!今後の展開が楽しみですよね!

〔ショップ情報〕
「拭う-nugoo-」 二の鳥居店 ※パイロット店の「若宮大路店」も至近距離にあります。
神奈川県鎌倉市小町2-10-12
TEL: 0467-22-4448
詳しい情報は、お店HP(http://www.grap.co.jp/nugoo/)をご覧ください。
[PR]
by TOKYO_YUCa | 2010-06-13 22:08 | -(番外編)
銭洗弁財天の「銭洗」の正体とは?
f0219141_2011456.jpg前回のブログで「北条時頼が霊水で金銭を洗って、一家繁栄を祈ったのが今日の銭洗信仰の始まり。」とご紹介しました。その続きです!

本殿では、ザルやろうそく、お線香などを購入する人たちの行列ができていました。そのあと、どこへ持って行くのかなぁーとトコトコ付いて行くと、奥のほうに岩穴を発見。「入り口に引き続き、ここにも洞窟っ!」と思いながら、参拝者の様子を見ていると、まず、洞窟の手前にある本殿を参拝して、ろうそくを奉納したり、お線香を炊いたり。これが終わると、いざ洞窟へ。
f0219141_203255.jpg
綺麗にお線香が並んでいます(1セット 100円)

この洞窟の中にあるのが、奥宮。その洞窟内には、鎌倉五名水が湧き出ています。この清水がそのまま御神体で、この水でお金を洗うと何倍にも増えるということで、小銭を洗う人あり、お札を洗う人あり。みなさん、楽しみながらも、一生懸命、お金を洗っているのが印象的。
f0219141_20321870.jpg
手書きの「Dipped money(お金を水に浸したら、)」を発見。
海外からの観光客が書いたんですかねぇ。イイ感じです。
f0219141_2034267.jpg
思い切って、1万円札をチョイス。
f0219141_20353583.jpg
諭吉さんも水をかけられてビックリ!?
f0219141_20255390.jpg
清水が湧いている洞窟内の雰囲気も素敵ですよー。

f0219141_2159223.jpg 銭洗弁財天の境内には、他にも上之水神社、下之水神社、七福神社があります。それぞれが個性的で独特の空気があるので、お宮を見て回るだけでもご利益がありそう。そして、「銭洗弁財天」ならではお守りなども販売されていて、それらを見るのも楽しいです。
それにしても、自らお金を濡らす機会は今までなかったので、久しぶりに不思議な体験でした。一万円を洗ってからわかったのですが、洗ったお金はすぐに使うほど御利益が大きいそうなんですよー。つまり、大きな金額の紙幣を洗ってしまったので、それだけ大きな金額を消費しないといけないわけで・・・。


〔参考情報〕
銭洗弁財天(宇賀福神社)
神奈川県鎌倉市佐助2-25-16
TEL:0467-25-1081
[PR]
by TOKYO_YUCa | 2010-06-11 19:00 | -(番外編)
入り口にドキドキする 銭洗弁財天
f0219141_2171658.jpg東京を飛び出して、神奈川県鎌倉市へ行ってきました。これまでも訪れた街ですが、何度行ってもいいところだなぁって思います。特に、北鎌倉の駅を降りると急に音が少なくなって、空気も美味しくて、落ち着くんですよねぇ。

f0219141_2129121.jpg鎌倉駅では、駅から歩いて30分ほどの場所にある「銭洗弁財天」を訪れました。(お恥ずかしながら、初参拝です♪)まずビックリしたのが、入り口です。急な坂道を登った途中、山の斜面に洞穴のような入り口が現れます。「これって、防空壕なんじゃあ?!」と一瞬、恐縮してしまうほど。他の参拝者も最初はやっぱり驚くみたいで、一歩引いて概観を見て、それから記念撮影などをしていました。
f0219141_2122696.jpg
いざ、穴の中へ!中にはトンネルがあり、向こうには明るい光が。
f0219141_22401054.jpg
トンネルを抜けると、今度は鳥居のトンネルが。

f0219141_2245317.jpgお線香が炊かれた舎の周りでは、その煙を身体に染み込ませるように仰いでいる人たちがいました。煙は煙でも、お線香であれば積極的に受け入れる日本の習慣って改めて面白いなぁと思いました。

f0219141_2244984.jpg銭洗弁財天は、正式名を「銭洗弁財天宇賀福神社」と言います。源頼朝が、巳年(1185年)、巳の月、巳の日の夜に、「この福水で神仏を供養すれば天下泰平に治まる」という夢のお告げがあったことから創建したと伝えられています。その後、北条時頼が霊水で金銭を洗って、一家繁栄を祈ったのが今日の銭洗信仰の始まり。

最後のくだりは、一体どういうことなのか。次回をお楽しみください!

〔参考情報〕
銭洗弁財天(宇賀福神社)
神奈川県鎌倉市佐助2-25-16
TEL:0467-25-1081
[PR]
by TOKYO_YUCa | 2010-06-09 23:27 | -(番外編)