カテゴリ:- 表参道・青山( 4 )
あられ・おかきの専門店 十火 JUKKA
表参道の野路裏で、白と黒のシンプルな外観がひときわ目立つ上品なお店を発見。「新しいギャラリーができたのかな?」と思ったら、何とあられ・おかきの専門店「十火 JUKKA」でした。
f0219141_9253011.jpg
         お店に入ると、おかきを中心とした和菓子がズラリ。ギャラリーみたいです。
f0219141_9242792.jpg
                       パッケージもシンプル!

f0219141_9454372.jpg十火 JUKKAは、もともと大阪・阿波座にあるあられ・おかき専門店「とよす」が運営しています。明治35 年創業で100年以上も伝統を残してきた「とよす」が、ものづくりへのこだわり素材へのこだわり食のスタイルへのこだわりという心を形にした新ブランドだそうです。米菓子を通じて、新たな米文化を発信したいという想いから、厳選した山海の素材を使われています。店内では、試食もできるんですよー。是非、この食感と味を体験してみてくださいねー。
f0219141_9233052.jpg
            試食していいものか躊躇してしまうほど、キレイに並んだおかきたち。
f0219141_9491849.jpg
                一番の人気商品「丸(maro)」シリーズ(1箱630円) 
f0219141_9494093.jpg
                和三盆と苺味がありますよー。抹茶に合いそう!
f0219141_1031764.jpg
     こちらは、スティック状の「恵(megumi)」(1箱630円)。白ゴマ、海老味もあります!
f0219141_1041974.jpg
         会計レジ近くには、ショップカードがありました。四角形のデザインも可愛い!
f0219141_10272426.jpg
               米菓子屋とは思えないモダンな内装ですよねー。

f0219141_9504420.jpgいくつか試食をしてみたんですけど、やっぱり美味しいんですよー。味も食感も新鮮で、米はもちろん塩や素材にもこだわっているのが伝わってきましたー。お客さんの層としては、近所にお住まいの奥様方、青山に来るカップル、そして、お土産を買っていかれる女性客も多いそうです。この日もカップル、夫婦などがたくさんお店に来ては、ショップの内装に感動しながら商品を買っていきました。100年以上の伝統を守りながらも、時代に合わせて思い切った改革に踏み切る、その「覚悟と勇気」に感動しました。こちらは旗艦店ということで、今後は色々な店舗への出店が楽しみですねー。新ブランドづくりはもちろん、東京にも進出されたということで、もっと大きなビジョンをお持ちなんでしょうね。今後の展開が楽しみです!

〔ショップ情報〕
十火 JUKKA
東京都港区南青山5-9-8
TEL/FAX:03-3498-0188
営業時間:平日・土曜10:00~20:00, 日曜・祝日10:00~18:00
詳しくは、お店HP(http://jukka.toyosu.co.jp/)をご覧ください。
[PR]
by TOKYO_YUCa | 2010-05-16 20:53 | - 表参道・青山
店頭でアツアツふんわりのソーダ饅頭 HIGASHIYAman
表参道の交差点を根津美術館のほうへ歩いていると、お店のドアを隠してしまうほど大きな暖簾が印象的なお店を見つけました。
f0219141_8285899.jpg
お店の名前は、HIGASHIYAman。和菓子のお店なのですが、ローマ字というのも革新的な予感がしてきます。そして、店内には、革新的な形をした和菓子の数々。様々な餡をベースに、果実や木の実を組み合わせて作られた「ひと口果子」、食べるときに自分で餡と最中種を合わせて作るスティックタイプの「最中」、薄くて大きくて葉の形をした「かりんとう」などが特に気になりました!

f0219141_8281643.jpgお店の外では、ソーダ饅頭、甘酒饅頭、黒糖饅頭の3種類が店頭販売されていました。お値段はどれも180円。値段は同じなんですけどソーダ饅頭だけが気になるほどに大きいのでその理由を聞いてみたところ、「ソーダ饅にはあんこが入っていないのでサイズが大きいんですよー」という返事が返ってきました。なるほどー。3つの饅頭ともユニークなので、どれにしようか迷ったものの、やはりネーミングと味がどうしても気になったので「ソーダ饅頭」をチョイス!
f0219141_8263717.jpg
            パッと見は「肉まん」。そして、表面には黒糖がついています。
f0219141_827564.jpg
                      アツアツ、そして、ふ~んわり。

♪ HIGASHIYAmanの和菓子は品があって、何といってもユニーク。「ソーダ饅頭」の他にも、「ひと口果子」と「最中」も買ってみました。ひと口果子は毎日少しずつ食べています。食べるときはいつも贅沢な気分になりますねぇ。そして、ぎゅぎゅぎゅっとあんこを練りだして作る最中は、そのプロセスが楽しいんですよー。HIGASHIYAmanの和菓子は、お手持ちの品としてもオススメ。特に和菓子好きの方は喜ばれると思いますよー!HPをチェックしたところ、銀座や西麻布にもHIGASHIYAが運営するティーサロンやギフトショップがあるようです。こちらもチェックですね。(それにしても、出来立てのソーダ饅頭は素朴な味で美味しかったなぁ~。)

〔ショップ情報〕
HIGASHIYA man
東京都港区南青山3-17-14
TEL:03-5414-3881 FAX:03-5414-3882
営業時間:10:00~20:00  ※年中無休
詳しくは、お店HP(http://www.higashiya.com/shop/higashiyaman/)をご覧ください。
[PR]
by TOKYO_YUCa | 2010-05-12 07:31 | - 表参道・青山
屋上にある A to Z Roof Top Wine Bar
A to Z Cafeの入り口で、「屋上テラスの席も開放されています。詳しくはスタッフまで!」という案内を目にしました。さっそくスタッフの方に聞いてみると、屋上に「Roof Top Wine Bar」があるということなんです。何度か来たことはあったものの、屋上にも席があるのを知ったのは今回が初めて。どんなふうになっているんだろうーと思って、さっそくお願いしました。しばらくすると、今後は別のスタッフの方が、案内しに来てくださいましたー。奈良小屋を右手にしてカフェの中を通過すると、「あれ!?」と思う意外なところに扉を発見。
f0219141_23102994.jpg
          扉を開けると、目の前には階段があり、そのまま上がっていくと・・・
f0219141_23115286.jpg
        屋上テラスの入り口。近くにはメニューが書かれた黒板がありました。

f0219141_23133889.jpg黒板に書かれているのは、屋上用のメニュー。この屋上テラス、通常はA to Z cafeのカフェメニューを提供しているんですけど、夜になるとワインバーになります。お茶の時間帯だと、コーヒーや紅茶などのドリンクメニュー、ロールケーキやパフェなどのデザートメニュー、他にも丼ぶりやオムライスなどのメニューを注文することができます。また、全部で4人がけのテーブルが4つだけなので、ちょっとした貸切気分を味わうことができます!

f0219141_2315103.jpg
              黒蜜がけのあずきロールケーキと紅茶のセット(850円)
f0219141_23193183.jpg
          東京ミッドタウン(左)や六本木ヒルズ(右)のメインビルが見えます。

これからの時期に、みんなでわいわい集まって飲むには絶好のロケーションだと思います。風も心地よく吹いてきますよー。寒いと感じたときには、スタッフの方がブランケットをもってきてくれるのでご安心ください。ちょっとした穴場なので、もしかしたら、お忍びで来ている有名人をみかけることがあるかもしれませんよぉー!

〔ショップ情報〕
A to Z cafe
東京都港区南青山5-8-3 equboビル5F
TEL/FAX:03-5464-0281
営業時間:12:00~23:30
詳しい情報は、ショップHP(http://atozcafe.exblog.jp/)をご覧ください。
[PR]
by TOKYO_YUCa | 2010-05-09 22:27 | - 表参道・青山
ホッとする都心の小屋 A to Z Cafe
皆さん、突然ですが、東京のド真ん中に「ホッとする小屋」があるのをご存知ですか???
それがあるんですよー。青山というオシャレな場所にです!その小屋は、何とカフェの中に作られています。勘が鋭い方はきっともうお気づきですね。そうです、世界を代表するアーティスト奈良美智さんの世界観を楽しめる「A to Z Cafe」のことです!!!
f0219141_037016.jpg
             通称「奈良小屋」を中心とした店内。イラストもかわいい。
f0219141_22581852.jpg
                カフェの中心に「ドーン!」と小屋があります。

f0219141_0314188.jpgカフェは、2006年に青森県弘前市の古い煉瓦倉庫を使って行われた奈良さんとクリエイター集団 graf との共同制作による展示プロジェクト「AtoZ」がテーマになっています。「AtoZ」というのは、AからZまで全26個の小屋が立ち並ぶ架空の町のこと。町並みを構成する小屋を一つ一つ巡りながら、奈良さんアートの世界を感じることができるという内容です。そんな- 地図には載っていないけど、3ヶ月だけ確かに存在した架空の町- を今でも感じることができるのが、「A to Z cafe」。お店のコンセプトでもある「さまざまな人びとが出会い、心を響き合わせる特別な空間」というのも共感しますよねー。A to Z Cafeの小屋の中は撮影禁止ということでお見せできないのが残念なのですが、これはきっと実際にカフェに来て、その世界観をまずは感じてほしいというメッセージなんでしょうねぇ。細部もチェックですよー♪
f0219141_2317890.jpg
                小屋を囲んでのおしゃべり。楽しそうですねー。
f0219141_033426.jpg
                 南青山の景色を一望できる窓側席もオススメ!
f0219141_0325899.jpg
             ショップでは様々なグッズも販売。奈良さんイラストも発見!

f0219141_232739.jpg♪ A to Z cafe、久しぶりに行ってきましたー。これまでも何度か行ったことがあるんですけど、奈良小屋を見るたびにいつもメラメラ熱くなります。きっと、私自身が小学生の頃に大自然の中で田んぼを駆け回ったり、近所の子供たちを集めて一緒に笹の小屋を作ったり、川辺に秘密基地を作って遊んだときの記憶が身体に染み込んでいるからなんでしょうねぇ。もし、実際の「A to Z」に行っていたら、きっともっと大興奮だったはずです!!!「A to Z」の展示会場作りの様子や海外まで移動した旅を追った様子は、2007年にドキュメンタリー映画化され、DVDになっています。奈良さんの普段の作品づくりの様子、津軽弁でインタビューに答える姿からお人柄が伝わってくるんですよー。(奈良さんの想いは、ブログTwitterからチェックできますよ!)それから、架空の町を共同制作されたgrafの方が、「絵画、彫刻と同じカテゴリーで″小屋”があってもいいんじゃないかなと思うんです。それくらい深いんですよ。」と言っていたのが印象的でした。そんな小屋、もっと日本各地で観たいですねー。その土地、その土地のアーティストの方々とコラボしたら、きっと日本全体としてすごいアート作品が生まれるんじゃないかなー。

〔ショップ情報〕
A to Z cafe
東京都港区南青山5-8-3 equboビル5F
TEL/FAX:03-5464-0281
営業時間:12:00~23:30
詳しい情報は、ショップHP(http://atozcafe.exblog.jp/)をご覧ください。
[PR]
by TOKYO_YUCa | 2010-05-08 22:46 | - 表参道・青山