世界に挑戦する日本人 Vol.2 中川扶二夫さん〔中編〕
今回(中編)は、中川さんが異文化に触れるようになったきっかけ、そして、ニューヨークでの起業話をご紹介します!

f0219141_20335100.jpg

映画を観てアメリカが好きになり、サンフランシスコ留学。

中川さんの誕生日である12月1日は昔、「映画の日」だったそうです。映画を半額で観ることができる日ということで一人で、または男友達と映画を観に行っていたとか。「高校時代はアメリカ映画が好きな、シャイで、暗くて、地味なガリ勉タイプだったんですよ。みんなの前で話すことは苦手で、もちろん好きな女性がいても告白できなかったんです。・・・今ではジョークって言われるんですけどね。」と。(失礼ながらつい笑ってしまう取材班。)

初めてのデートも映画鑑賞で、映画がつまらないと落ち込むから下見に行ったほど。2回観て感動したシーンを深夜のラジオ放送に投稿したら番組で読み上げられたという。「ただ、その放送を聴いていなかったんですよね。」とオチも付いてきた。

アメリカ映画を観て自然とアメリカが大好きになって、そして、アメリカ人と結婚したくなったんですよ、と情熱的な中川さん。大学入学とともにサンフランシスコに留学。アメリカ人はやっぱり陽気、そして、言いたいことを言わないと誰もわかってくれないという文化を体感。このときから、中川青年の性格は変わっていったという。

f0219141_20323212.jpg

キャリアのスタートは日本の旅行会社から。

その後、ビザの取得が困難だったため帰国。当時、金融、メーカーなどの選択肢があったものの、「アメリカに行く=旅行会社」という理由で旅行業界に就職を決めた。しばらくすると、他企業の「海外駐在員募集」という求人情報を見つけた。現在の企業の将来性や海外志向があったこともあり、その企業に転職。しかし、1年間所属しつつも、駐在の話がない。「あれ?おかしいな。」と思った。そしてある年の年末年始、ハワイにヘルプに行けといわれた。仕事を終えるとまた帰国。そして何と2ヶ月後、春休みシーズンで沸くハワイの現地法人社長から再度、ご使命を受けてヘルプに行った。

帰国後、ヘルプをした時の仕事ぶりが認められて、ハワイで採用してもらえることに。ハワイでは、ほとんど24時間勤務だったという。社員がついてこないと取引先の年上の友人に相談したところ、「2倍働いているからだ。駐在員は給料が高いと思われているから、3倍働けばいい!」と言われた。その後、忠実に働いた中川さんはハワイ支店長に就任。組織づくりと売上拡大に尽力した。

その後、景気悪化によって日本に帰国。ハワイを去るとき、他企業から引き合いがあった。しかし、どこの馬の骨ともわからない自分を支店長にしてくださった日本の社長に恩があることから帰国した。そして4年後、会社は急拡大。それと同時に、海外志向がさらに高まってきた。社長に相談をすると、しばらくは引き止めていた社長も、その情熱に観念したのか、最後には「どこへ行きたいんだ?」と。迷わずに、「ニューヨークです!」と応えたという。

f0219141_20322240.jpg29歳で社長就任。設立当初、イエローページが机と椅子の代わりだった。

そして、29歳だった1988年、NYで会社を作れと言って社長は5万ドルを持たせて見送ってくれた。NYでは知り合いが一人もいないこともあり、日系の銀行に助けてもらいながら一から会社を立ち上げた。ちょうどその頃、日本ではバブルがはじけた。社長からは、もう一回帰ってきてくれないかと言われた。ただ、せっかくNYに来て会社を立ち上げたばかりであることなどもあって、残らせてほしいと社長にお願いをした。そこで、両親にもお願いをして5万ドルを工面。こうして、100%オーナーの社長になった。

最初は、NYにいる日本人にチケットを販売する「Amnet」を設立。当時、社内には机も椅子、旅行会社用のコンピューターもなかったので、机と椅子をイエローぺージを重ねて作っていたとか。また、お客様から電話があったときには、コンピューターがないので電卓をキーボード代わりにたたき、コンピューター故障のふりをして、折り返しに。その間に他の旅行会社からチケットを安く買って、お客様へ販売していたときもあったという。

ただ、それでも構わなかった。賃貸料で資金は底を付くところだったが、NYの五番街だったから何でもできたという。また、オフィスを訪れたお客さんが、オフィス内を見て、逆に応援してくれたともいう。「20代、30代はとにかく楽しかったですねー。」と振り返る。

♪ 今回は、中川さんの高校生時代にまで遡ってお話いただきました。ときどき笑い話もあったりしますが、アメリカを好きになって留学をしたことやハワイでの支社長時代、そして、ニューヨークでの起業当初のお話を聞いて、何となくなのですが共通しているものがあるのかなと思いました。それは、”まずは目の前にあることを、無我夢中になってやってみる”ということです。みなさんはどんなことを感じられましたか??次回はいよいよ最終回。現在取り組んでいる社会貢献活動や今後の展望などをお伝えします!お楽しみくださいね。

↓ランキングに参加しています!ポチッとお願いします。(今年は何に仮装しようかなぁ~♪)
人気ブログランキングへ
[PR]
by TOKYO_YUCa | 2010-10-11 18:40 | - 世界に挑戦する日本人


<< 世界に挑戦する日本人 Vol.... 世界に挑戦する日本人 Vol.... >>