東京ミッドタウンにある日本庭園 ミッドタウン・ガーデン
前回ご紹介した港区立檜町公園の隣には、これまた自然たっぷりのスペースがありました。
f0219141_8321710.jpg
芝生にごろ~ん。気持ちよさそう!

東京ミッドタウンの敷地全体の40%を占めるという「ミッドタウン・ガーデン」です。HPを調べたところ、東京ミッドタウンの”On the green”というコンセプトを具現化するにあたって、日本古来の知恵である「日本庭園」の概念が取り入れられている、とのこと。

「ふむふむ。日本庭園の概念かぁ。例えばどういうことなんだろうー?」と思ってさらに調べてみると、周囲から気軽に入っていける開かれたランドスケープ、水の流れを使って高低差の大きな土地で空間の流れを表すゾーニングといった連続性を意識したアイデア、さらには、日本庭園における土と岩、池、植栽などの関係性から、舗装と土、空間と植栽などの境界は、直線的ではなく曖昧に仕立てられている、と書かれていました。・・・日本人でありながら、改めて学ぶことがいっぱい。
f0219141_8492672.jpg
ここにも、ごろーんとしている人たち。
f0219141_9505433.jpg
日差しを浴びて、のんびりできる場所がたくさんあります。
f0219141_9513632.jpg
イベントもよく行われます。

♪ 都心のさらに限られた土地を魅力的に見せるために、五感を刺激する演出があちこちに施されていたんですねー。感激しました!緑地内には無線LANがあって、緑の中にいながらインターネットなどができるようになっているそうですよー。都内の屋外で無線LANが使えるのは、何だか新しい文化の予感がしますよね。太陽の光もたっぷり浴びることができるし、これはリピートしてしまいそう。それから、東京ミッドタウンのHPを調べていたところ、東京ミッドタウンのランドスケープをデザインしたのはサンフランシスコにあるEDAWという会社だそうです。そして、プロジェクトメンバー4人の中にMr.Aki Omiという日本人の方がいることもわかりました。EDAWには他にも数名の日本人がいらっしゃるようです。日本の高校を卒業⇒アメリカの大学⇒(大学院)⇒現地企業に就職、というルートがあることもわかりました。高校生時代にはもうやりたいことがわかっていて、そして、そのための選択肢として海外も視野に入っていたということですよね。早い段階で夢を明確にすることの大切さはもちろんですけど、夢を実現するための舞台が世界にもあるとわかったら、自分を信じて日本を飛び出してみる。そして、まずは体感してみる。グローバルに活躍する日本人の仕事を身近に感じることができましたー。これからもブログを通じて、様々な分野で活躍されている人たちを取り上げていきたいです!

〔エリア情報〕
東京ミッドタウン ミッドタウン・ガーデン
アクセスは、こちらをご覧ください。
[PR]
by TOKYO_YUCa | 2010-05-23 18:17 | - 六本木・麻布


<< 癒しの一コマ 「日本の美」が残る 港区立檜町公園 >>