店頭でアツアツふんわりのソーダ饅頭 HIGASHIYAman
表参道の交差点を根津美術館のほうへ歩いていると、お店のドアを隠してしまうほど大きな暖簾が印象的なお店を見つけました。
f0219141_8285899.jpg
お店の名前は、HIGASHIYAman。和菓子のお店なのですが、ローマ字というのも革新的な予感がしてきます。そして、店内には、革新的な形をした和菓子の数々。様々な餡をベースに、果実や木の実を組み合わせて作られた「ひと口果子」、食べるときに自分で餡と最中種を合わせて作るスティックタイプの「最中」、薄くて大きくて葉の形をした「かりんとう」などが特に気になりました!

f0219141_8281643.jpgお店の外では、ソーダ饅頭、甘酒饅頭、黒糖饅頭の3種類が店頭販売されていました。お値段はどれも180円。値段は同じなんですけどソーダ饅頭だけが気になるほどに大きいのでその理由を聞いてみたところ、「ソーダ饅にはあんこが入っていないのでサイズが大きいんですよー」という返事が返ってきました。なるほどー。3つの饅頭ともユニークなので、どれにしようか迷ったものの、やはりネーミングと味がどうしても気になったので「ソーダ饅頭」をチョイス!
f0219141_8263717.jpg
            パッと見は「肉まん」。そして、表面には黒糖がついています。
f0219141_827564.jpg
                      アツアツ、そして、ふ~んわり。

♪ HIGASHIYAmanの和菓子は品があって、何といってもユニーク。「ソーダ饅頭」の他にも、「ひと口果子」と「最中」も買ってみました。ひと口果子は毎日少しずつ食べています。食べるときはいつも贅沢な気分になりますねぇ。そして、ぎゅぎゅぎゅっとあんこを練りだして作る最中は、そのプロセスが楽しいんですよー。HIGASHIYAmanの和菓子は、お手持ちの品としてもオススメ。特に和菓子好きの方は喜ばれると思いますよー!HPをチェックしたところ、銀座や西麻布にもHIGASHIYAが運営するティーサロンやギフトショップがあるようです。こちらもチェックですね。(それにしても、出来立てのソーダ饅頭は素朴な味で美味しかったなぁ~。)

〔ショップ情報〕
HIGASHIYA man
東京都港区南青山3-17-14
TEL:03-5414-3881 FAX:03-5414-3882
営業時間:10:00~20:00  ※年中無休
詳しくは、お店HP(http://www.higashiya.com/shop/higashiyaman/)をご覧ください。
[PR]
by TOKYO_YUCa | 2010-05-12 07:31 | - 表参道・青山


<< あられ・おかきの専門店 十火 ... 屋上にある A to Z Ro... >>